シワを研究する|有効成分のまとめと漢方(東洋医学)の神秘

しわを気にする年増の女性

シワができる原因は様々あります。

ひとつは何と言っても紫外線です。紫外線は肌に特に大きな影響を及ぼします。紫外線は肌のハリや弾力を保っているコラーゲンを破壊してしまいます。それによって肌の構造が壊れてしまい、弾力やハリがなくなりシワができてしまいます。

紫外線は短い時間浴びただけでも皮膚が影響を受けてしまいますが、長時間、長い年月をかけて浴び続けた紫外線も肌に悪影響を及ぼします。外での活動が多かった人によく見られる光老化と呼ばれる現象で、シミや深いシワの原因になります。

また、肌の乾燥もシワの原因になります。肌が乾燥すると肌の表面にある角質層にひびができ、そこから水分が蒸発してしまい、皮膚が硬くなり、弾力がなくなり、シワができてしまいます。

生活習慣の乱れもシワの原因になります。生活のリズムが狂って肌の生まれ変わりの周期が乱れてしまうと、肌の再生が遅れてシワができる原因になります。

★シワ対策に有効な成分をいくつか挙げます。

ヒアルロン酸は保水力が高く、肌の弾力や潤いを保つのに重要な成分です。表皮の細胞間にあって、真皮ではコラーゲンやエラスチンの隙間にあります。肌に潤いを与えることで、シワ対策になります。

コラーゲンは皮膚の真皮層を構成するタンパク質で、肌のハリ・弾力を保つ役目があります。年を重ねたり紫外線を浴びたりするとコラーゲンの量が減ってしまい、シワやたるみの原因になります。

レチノールはビタミンAの一種で、コラーゲンやエラスチンを作りだす繊維芽細胞を活性化させます。それによって多くのコラーゲン・エラスチンが生成されて肌の弾力が増し、シワ対策として効果があります。

セラミドは肌の表面の角質層にあり、肌の水分を保つ働きをします。肌の乾燥を防ぎ、潤いを保つことはシワの予防につながります。

ビタミンCはコラーゲンの生成やエラスチンとの結合を強くし、弾力を向上させる効果があります。

この中でも特に押したいのはセラミドですね。シワは肌の乾燥が主な原因ですが、得てして肌の中の水分が減ってることが多いのです。

つまり、いくら表面をケアしてもけっして根本的な解決になりません。付け焼き刃です。理想的なのは、良質なセラミドの化粧水をたっぷりと使い、肌の中に水分を蓄えることなんです。

★漢方も効果があるものも

漢方は体の内側から作用してシワなど肌に対するエンジングケアに効果があります。

衛益顆粒は、オウギ、ビャクジュツ、ボウフウの植物性生薬から構成され、弱った皮膚や粘膜を活性化させる働きがあり、肌のたるみを改善する効果があります。 

紅沙棘は、グミ科の植物で、抗酸化作用に優れており、ビタミンC、ビタミンEやβカロテン、パルミトオレイン酸が豊富に含まれており、美肌への効果が期待できます。

星火逍遥丸は、トウキ、サイコ、シャクヤクなど8種類の植物性生薬から抽出したエキスで構成され、冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害などに効果がある漢方薬です。血を増やす作用があり、シミへの効果が期待できます。

冠元顆粒は、丹参、紅花など6種類の植物性生薬から抽出したエキスを顆粒としたもので、血液の循環を良くする作用があり、くすみへの効果を期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です