ピーリングは危険?家庭用の相場とプロの技術

浴衣を着たギャル

ピーリングは、皮膚の皮をはがす、剥くというものになります。皮をむくなんてとっても怖いイメージですが、古い皮膚をはがして新しいきれいな皮膚が作られるのを助けるのがピーリングの役目です。

ピーリングを行うことで、ニキビやしみなどが改善されます。ニキビ跡の色素沈着もピーリングにより改善されると言われています。
このピーリングにはいくつかの種類があります。レーザーピーリング、と薬剤を使ったケミカルピーリングです。
さらに最近は家庭でできるホームピーリング剤も沢山発売されています。

ピーリング石鹸や、ピーリングまでは作用は強くないけれど弱いピーリング作用のある
拭き取り化粧水、そしてニキビ治療薬のディフェリンゲルもピーリングと言えるでしょう。
ピーリングによってお肌はやわらかくなり、透明感もUPします。美容皮膚科や美容外科などで施術を受けることが可能です。

ピーリングはニキビやシミに効果があると聞いて、すぐにでもやりたいと
思う人も多いでしょう。ピーリングは確かにお肌をきれいにしてくれるものですが、
使い方を間違えてしまうと肌荒れの原因にもなってしまいます。

★家庭用のものは問題も多い
家庭で使えるピーリング剤は、ジェルタイプでポロポロとカスが出てくるものが多いです。
この時にやりがちなのが、強くこすりすぎることです。古い汚れが沢山とれるので
もっと出てくるかもと思って強くこすりすぎてしまい、肌が赤くなるという人が多いです。

こすり過ぎないように注意しましょう。また皮膚科でのピーリングでも薬剤の種類で
肌トラブルが起こることがあります。肌が敏感な人は、先生とよく相談して薬剤を決めるようにしましょう。そして施術中でも違和感があればすぐに中止してもらうようにしてください。皮膚が薄い人は特に注意が必要です。

家庭用のピーリング剤だと、1000円くらいから購入できるものがあります。高いものは
5,000円以上のものもあるので、予算と成分を良く見て買うようにしましょう。

美容皮膚科でピーリングを受ける場合の処置費用は、1回あたり5000円くらいからのところが多いです。
これもクリニックによりだいぶ差があります。大抵1回ではきれいになりませんので、5~6回は受けなければなりません。

コース料金がある場合は1回あたりの価格が安くなっているのでお得です。またピーリングと一緒にイオン導入がセットになっているクリニックが多いです。

これはより美肌効果を高めることと、ピーリング後の肌を保湿したり整える意味も含まれています。
ピーリング後は、肌が敏感になりますので、スキンケアはいつもより念入りにして日焼け止めもしっかりと塗るようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です