活性酸素は百害あって一利なし!?そのメカニズムについて

太った醜い男
活性酸素はたくさんあると体内の脂質とむすびついて体の酸化の原因になり、老化につながっていきます。肌のハリやツヤがなくなる、シミやシワなど深刻な悩みになります。

体内には活性酸素に対抗する成分もあるのですが、年を取ると少なくなってしまいます。そこで抗酸化物質を食生活やスキンケアで意識して採ることが必要になります。

抗酸化物質は体内が酸化して錆びてしまうのを防いでくれます。
ベータカロテン、リコピン、ルテイン、アスタキサンチンなどカロテノイドは植物や魚介類に多く含まれる色素の成分です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど美肌にいいといわれるビタミン類はおなじみの成分です。食品だけでなく化粧品にも配合されていることがあります。

カテキン、イソフラボン、アントシアニンなどポリフェノールも抗酸化成分として知られています。植物の色や香りの成分で、名称を聞いたことがある成分も多いですね。

超かわいい女の子
抗酸化物質が肌にいいのは、酸化による老化やトラブルを防いでくれるからです。毎日あびる紫外線やストレス、煙草などいろんな理由で活性酸素はどうしても発生します。

活性酸素はコラーゲン・エラスチンを変質させてしまうので肌の弾力やハリがなくなり、シワやたるみを引き起こします。

また活性酸素は新陳代謝のリズムを悪化させて新しい肌に生まれ変わることが妨げられます。コラーゲンが古くなり、いきいきとした肌でなくなってしまいます。さらに顔の皮脂が酸化していくことで毛穴のたるみや開きにつながっていきます。

このように活性酸素による酸化の被害は肌荒れや乾燥肌、シミ、シワを引き起こします。動脈硬化や生活習慣病の原因にもなっていきます。

酸化を防ぎ老化を遅らせたり、トラブルに対抗したりするには抗酸化成分を毎日の暮らしの中で上手に取り入れていく必要があります。

タラのおいしそうな鍋料理
きれいな肌をつくるためには、毎日の食事のなかで抗酸化成分を多く含んでいる食品を上手に使って摂取しましょう。

カロテノイドのうち、ベータカロテンは人参、カボチャ、ブロッコリー、トマト、みかんなどに含まれていて、体内では必要に応じてビタミンAになります。

リコピンはトマトやスイカに、ルテインはほうれん草やケールに多く含まれています。アスタキサンチンは鮭、いくら、エビなどの魚介類に含まれていて、油を使った料理でより効率よく摂取できます。

ビタミンAは人参やカボチャ、ビタミンCはイチゴやブロッコリー、ビタミンEはアーモンドやアボカドに多く含まれています。ビタミン類はお互いに助け合って機能するので一緒に食べることが効果的です。

ポリフェノールなら、カテキンは緑茶、イソフラボンは大豆、アントシアニンはブルーベリーなどに多く含まれています。ゴマに含まれるリグナンというセサミンの一種も有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です