乾燥した肌は油分でフタすればいい・・・と思っていませんかっ?

肌が乾燥していると、クリームや乳液の油分で皮膚に蓋をすれば、大丈夫だと思っていませんか?これで、肌の水分が蒸発しないと。
でも、この考えは間違っているのです。
お肌には水分も大切ですが、油分ももちろん大切で、重要なのは、そのバランスです。
皮膚の角質は、いわば「うるおいを保つ」働きをしています。
健康な皮膚は、肌の細胞がきれいに並び、細胞と細胞の間を水分と油分が層状になって支えています。
肌が乾燥すると、細胞間の水分と油分のバランスが崩れてしまいます。これにより角質細胞が支えられなくなり、肌のうるおいが失われるのです。一度バランスを失うと、元に戻るには時間がかかります。
乾燥が進み、うるおいを失ってしまった状態になったときに大切なケアは、「油分で蓋をする」のではなく、水分と油分のバランスを整える軽めの乳液や、油分が乳化した化粧水を用いて、しっかり保湿をすることです。

肌の角質には水分と油分のバランスが大切ですが、ではどのように肌内部に浸透させるのがよいのでしょうか。
まずは、洗顔後に化粧水をつける場合は、しっかり時間をかけて浸透させましょう。
この時オススメなのは、油分の乳化した化粧水です。肌内部の水分量が多くなるように、化粧水をつけたあと、パックするように手のひらで保湿するようにしましょう。手のひらは温度が顔の皮膚と同じなので、フェイスマスクよりも肌に馴染ませるには最適です。
ここで一つ注意点ですが、肌内部の水分量をあげるために、化粧水ばかりたくさんつけてはいけないということです。あくまで大切なのはバランスです。化粧水ばかりつけていると、余分な化粧水が皮膚の温度で温められて蒸発する時に、肌内部の水分も一緒に蒸発させてしまうのです。
肌を保湿するためにスチームなどを利用する方もいますが、これもやり過ぎは禁物です。

肌の角質細胞に間にあるのが、角質細胞間脂質です。この角質細胞間脂質の約4割を占めているのが、セラミドです。
では、セラミドはどのような働きをしているのでしょう。
セラミドは角質細胞の間で、セラミド同士が手をつなぐような状態で存在します。この手をつないでいる間に、水分を大切に抱いているのです。この手をつなぐ力は非常に強く、細胞間脂質の中でもっとも強力です。
つまりセラミドの量が多ければ、自然と肌の水分量も多くなるのです。
セラミドは皮膚のターンオーバーの過程で生成されます。では、ターンオーバーの回数が多ければセラミドがたくさん作られるのではないか・・・と思われますが、ターンオーバーの周期が短いと、セラミドの生成が不十分になってしまいます。ですから、ターンオーバーを正常化して、セラミドをたくさん作れるようにするのが望ましのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です